2020年「錦川水の祭典」花火大会及び日中の各種行事について

錦川水の祭典」花火大会は、例年8月第1土曜日に開催し、12万人の方に訪れていただいております。開催に際しては、多くの人員による警備態勢の下、観覧客の安全確保を図っております。

 令和2年(2020年)は、同時期に東京オリンピック(7月24日~8月9日)・パラリンピック(8月25日~9月6日)が開催されるとともに、近隣の花火大会中止による本市の花火大会への観覧客集中も予想され、十分な警備態勢の確保は、困難と考えられます。

 また、時期を変更しての開催につきましても、上記観覧客集中による警備態勢の確保をはじめ、気象条件や市内各種団体の行事等への影響なども見込まれます。

 2月26日の錦川水の祭典実行委員会では、こうしたことなど総合的に協議した結果、観覧客の安全確保が第一と考え、令和2年度「錦川水の祭典」花火大会の中止を決定いたしました。

 また、「錦川水の祭典」における日中の各種行事につきましても中止いたします。

更新日:2020.06.26